Arduino XBee ネットワーク実験キット
End Device 温湿度センサー・ユニット説明書

2010・3・15 配線図を一部修正しました。

Arduino XBee ネットワーク実験キット End Device 温湿度センサー・ユニットの組立説明です。

ユニットの概略
このユニットは温度センサー、湿度センサーで測定した結果を、LCDディスプレイに表示します。
同時に、測定値をXBee経由で送信します。
温度センサーは、LM35DZという半導体温度センサーです。この温度センサーは、温度にほぼ比例した電圧が出力されます。したがって、AD変換で得られた電圧(mV)=温度(℃)となります。 詳細はデータシートをご参照ください。

湿度センサーは、キットのロットによって2種類のセンサーがあります。
1.TDKのCHS-GSSという湿度センサーです。この湿度センサーも同じく、湿度にほぼ比例した電圧が出力されます。
すなわち湿度60%なら0.6Vとなります。詳細はデータシートをご参照ください。
2.HMS-20Gという湿度センサーで、同様に湿度にほぼ比例した電圧が出力されます。CHS-GSSとは若干特性が異なります。
このセンサーモジュールには、温度センサーも付属していますが、今回は使用しません。


アラーム値設定は、半固定ボリュームを使い、電源電圧(5V)を0−5Vまで変化させ、AD変換した値をアラームの設定値にします。

このアラーム値も測定データと合わせて送信します。
ユニット単体の機能として、アラーム値に達すると、ブザーやリレーを働かせることができます。
リレーは小型のPANASONIC TQ2-5Vを使い、デジタルIOポートのオンオフでリレーのオンオフを行います。
詳細はデータシートをご参照下さい。


2
作成
参考までに、作成例を掲載します


センサーユニットの配線図
   (2010/1/22 一部誤りがありましたので、修正いたしました)
各ユニットごとに分けて配線図を書きました。
それぞれ参照してください。画像をクリックすると写真が拡大表示されます。
  1.LCDディスプレイの接続



  2.温度センサーのをつなぐ


  3-1.湿度センサーをつなぐ(CHS-GSS版)


  3-2.湿度センサーをつなぐ(HSM-20G版)


  4.アラーム用可変抵抗器をつなぐ


  
5.圧電ブザーをつなぐ



  7.リレーをつなぎぐ


   8.XBeeをつなぐ









Copyright (C)2009, Techand All rights reserved